Corelがアドビ利用者を対象に商品を値下げ

アドビシステムズの競争相手は水の中で血をかぎます。

大部分のそのソフトウェアの会費需要だけに先月会社の動きを歓迎した批評の奔流がわかって、多くの人々は昇進を開始していて、さもなければ不満を抱くものを説き伏せようと争っています。

我々はユーザーに我々の援助プログラムを適当にしました。そして、『ねえ、我々に当ってみに来てください』と言いました。と、ニック・デーヴィス(Corelのデジタルメディアと生産性ソフトウェア・グループのゼネラルマネージャー)は言いました。 Corelは、アドビCS4、CS5とCS6ユーザーに全価格よりもむしろアップグレード価格でCorelソフトウェアを買わせる昇進を開始しました。

「PaintShopプロ、AfterShopプロとPainterのためにも以外、我々にはCorelDrawの多くの帰りの要請がありました」と、デーヴィスは言いました。すべての弊社製品は、30日の間無料トライアルを持ちます。うまくいけば、我々は30日の回復[セールスの]を見ます。

もう一つの会社、Xara(それはWindows版説明とフォト編集ソフトウェアを売ります)Adobe Creative Suite顧客のための100ドル-の休み促進、199ドルまで価格を下げることと作品で新しいバージョンへの無料アップグレードを入れること。また、同社は新しいセールを見ました。「ざっと十字級の申し込みに応じている人々は、前の月と比較して5月に二塁打を打ちました」と、マーケティング・ディレクター・チャールズ・モイアは言いました。

Corelは会費を好んで、また、彼らの方へ進んでいます。しかし、それはまだ大多数のその顧客を永久の許可を好むとみなします。そこにおいて、顧客は永遠にプログラムの特定の見解を使う権利を買います。永久の許可はソフトウェアを売る従来の方法です。しかし、一、二年ごとに新しいバージョンにアップグレード料金を払うよう顧客を説得しなければならないソフトウェア会社にとって、それはつらくありえます。